BLOG

  1. HOME
  2. BLOG
  3. 英語を勉強するにあたって重要なこと

英語を勉強するにあたって重要なこと

■なぜ英語を勉強するのか?

突然ですが、そもそもなぜ皆さんは英語を勉強する(もしくはしている)のでしょうか? 多くの学校や塾では何の理由も伝えられずに「英語を勉強しなさい」といきなり言われますが、本来これは非常におかしなことです。理由も伝えずに物事を強制的にやらせるなんてことは決してあってはなりません。英語を勉強することが義務であるように教育されてしまうと、「無理やりやらされている感」が出てしまい、勉強がつまらなくなってしまいます。無理やりやらされる勉強ほど退屈なものはありません。英語を勉強するというのは、自分の将来の活動の幅を広げる行為であり、本来はとても楽しいものなのです。

なので、是非とも英語を学習する意味を理解した上で、これからの学習を楽しんでくれたらと思います。英語を学習することで将来できるようになることを以下に記しましたので、参考にしてみてください。

【英語を学ぶとできるようになること】

・海外で生活するときにも不自由なくコミュニケーションが取れる
・世界中の人と友達になれる
・新聞やニュースなどで海外からの情報を得ることができる
・普段日本で使われているカタカナ語の意味がわかる(例えばリコメンドなどの言葉)
・プログラムが読める
など

以上のように、英語を勉強すると自分の将来の可能性が広がりますし、得られる情報の量や質も増やすことができるのです。なんだかワクワクしますよね。

■英語の勉強法

それでは、英語の勉強はどのようにしていったら良いのでしょうか。重要なポイントを以下に記しました。これらの習慣は英語ができる人が必ず身につけているものですので、是非とも真似してみてください。

・毎日コツコツと続ける

英語の学習は1日にまとめてやるよりも、少ない時間でも毎日コツコツと続けた方がはるかに効率良く勉強できます。そのため、「1日5単語覚える」などと決めて少しずつ英語に触れていきましょう。

・音声を聴きながら覚える

英語は目で見るだけでなく、耳で聴いたり手で書いたりと、五感を使って覚えた方が圧倒的に効率良く覚えることができます。必ずCDやスマホなどで音声を聴きつつ、自分でも真似して発音しながら英語を覚えるようにしましょう。

・単語は電子辞書、パソコン、スマホなどで調べる

わからない単語を調べる際は、必ず電子辞書、パソコン、スマホなどを使って調べるようにしましょう。(紙の辞書を使わないようにしましょう。)その理由は、紙の辞書だと非常に効率が悪いからです。1単語調べるのに30秒で終わるのと5分かかるのとでは、これらが積み重なったときに勉強の効率が大きく違ってきます。

・教科書の例文を覚える

英語の文章を自分で書けるようになるためには、例文を自分の中にストックしておく(蓄えておく)必要があります。なぜなら、何もないところから文章を作るのはどんなに頭の良い人でも不可能だからです。必ず自分の頭の中にあるストックを使って文章を作る必要があります。なので、教科書にある重要な例文は必ず覚えるようにしましょう。この辺りが数学などとは根本的に違う部分になります。数学では暗記がベースになることは決してありません(あってはなりません)が、英語は暗記がベースの科目なのです。

■最後に

今回は「英語を勉強するにあたって重要なこと」についてご紹介しました。英語に限らず、そもそもなぜその科目を勉強するのかを考えるのは非常に大切です。そうでないと、自分の頭で考えることなく、先生や親に言われたことをやらされるだけの人になってしまいます。そうならないためにも日頃から「なぜ?」と疑問を持ち、自分の頭で考えることを習慣付けましょう。

関連BLOG

カテゴリー